よくある質問


太陽光発電システムを設置するのに、いくらぐらいかかりますか?

太陽光発電システムの設置費用は、屋根にのせるソーラー・パネルの出力(パネルの枚数)や、その他の機器の金額、設置工事にかかる費用などによって決まります。
屋根にどれくらいのパネルをのせられるかは、家の立地条件や屋根の形状によって変わりますし、条件によっては追加の補強工事などが必要なる場合もあります。

つまり、太陽光発電システムの設置にかかる費用は、ケース・バイ・ケースで変わってくるもので、単純に1件あたりいくら、という具合にはいえません。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
基本的な料金表はこちらにある通りです。


停電のときでも太陽光発電があれば電気が使えますか?

停電しているときでも、昼間、ソーラー・パネルで太陽光発電した電気が一定量以上あるときには、その電気を家の家電製品で使うことができます。

つまり、停電したときでも、テレビを接続して見たり、携帯電話を充電したり、炊飯器でご飯を炊いたりできるわけです。

ただし、設定によっては機能が停止することもございますので、当社スタッフにご相談下さい。


ソーラー・パネルに蓄電できますか?

ソーラー・パネルには蓄電の機能はありません。
ですから太陽の光がソーラー・パネルにあたっているときだけ発電し、その電気を家の中で使ったり、余った電気を売電したりできます。

くもりや雪で日照が少ないときや、夜は発電できませんから、電力会社から電気を買う必要があります。


落雷の心配はありませんか?

落雷によって太陽光発電パネルが壊れたり、パワーコンディショナなどのシステムが破壊されたりすることはほとんどありません。

太陽光発電システムには、落雷対策が組み込まれており、万一落雷を受けてもシステムが壊れないように対策されているからです。平地での通常の設置であれば、雷が問題になる可能性はないと考えてよいでしょう。

また太陽光発電パネルを屋根に載せたからといって、落雷を受けやすくなるということもありません。


太陽光発電に向かないのはどんな家ですか?

残念ながら、太陽光発電システムの設置に向かない家もあります。屋根の広さや、屋根の角度、建物の老朽化など、原因はさまざまです。

当社スタッフがお客様の家にとって最適なプランをご提案致します。


Copyright(c) 2011 HOUSEA Inc. All Rights Reserved.